二つのバックアップ方法|オフィス引っ越しとインターネット移転手続き|クラウドを活用する

オフィス引っ越しとインターネット移転手続き|クラウドを活用する

パソコン

二つのバックアップ方法

システム

近年、多くの企業の間で「クラウドバックアップ」が注目を集めるようになりました。クラウドバックアップというのは、クラウドサービスを使用したデータのバックアップのことを指します。ここでは、クラウドバックアップと従来の物理記憶装置によるバックアップとの違いについて知って行きましょう。それぞれの違いというのは、データの保存先にあります。物理記憶装置の場合、装置の内部にあるディスクスペースにデータが保存されます。そのため、物理装置自体が寿命や物理的損傷によって故障した時、内部に蓄積したデータを引き出せなくなったりデータ自体が消失したりしてしまうのです。

クラウドバックアップは、インターネット上に構築された仮想ディスクスペースにデータを保存します。つまり、物理的干渉の受けない場所にデータが保存されるということになるのです。クラウドバックアップによって機器の寿命や物理的損傷によるデータ損失リスクを回避することができるようになり、企業は重要なデータをより確実守ることができるようになったのです。ただし、データはインターネット上に存在し続けることになるため、利用する際にはセキュリティ性の高いサービスを選んで利用するようにしましょう。